学習・専門書

刑法の基本書

刑法の基本書は、行為無価値論、結果無価値論の論拠から記載されたものがあります。司法試験においても、昔のように厳密に論述をかき分ける必要はありませんが、一応、購入の際には、いずれの立場でかかれているのか知った上での購入をお勧めします。

行為無価値論

◆初学者向け

『基本刑法Ⅰ 総論 大塚裕史 他 日本評論社』・ 『基本刑法Ⅱ 各論 大塚裕史 他 日本評論社』

判例の立場で書かれた基本書で実務に特化した基本書です。学説の対立なども軽く触れてありますが、必要以上に多くはないので、初学者でも読みやすくわかりやすい基本書でもっとも人気の高い1冊でもあります。また、論述で重要なあてはめにも特化した具体的記述があり、論述対策としてもお勧めします。

『刑法総論抗議案 裁判所職員総合研修所』

書記官の研修用のテキストであるた、実務に近くわかりやすいのでお勧めします。学説の対立などは、深く言及していないため、司法試験・予備試験などの論述対策としては不足だと思われます。

◆大学の法学部レベル・司法試験・予備試験

『講義刑法学・総論 井田 良 司法協会』・ 『講義刑法学・各論 井田 良 司法協会』

行為無価値論の分野では、比較的あたらしい著書ですが近年とても人気の高い1冊です。主に判例と学説について解説してあり論点も多くを取り上げているため、論述対策としても有効です。学部でも法科大学院でももっとも使用されている1冊と思われます。

『刑法講義総論 大谷實 成文堂』・ 『刑法講義総論 大谷實 成文堂』

旧司法試験受験者の定番であった基本書です。改定も重ねてあり、判例・通説による結論で書かれている論点も多いことから、参考資料して用いるのも良いと思われます。

結果無価値論

◆初学者向け

後に紹介する分冊の 『刑法総論 山口厚 有斐閣』 ・ 『刑法各論 山口厚 有斐閣』 とは異なり初学者向けにかかれた通称『青本』です。司法書士試験・法学検定などでは、この基本書をお勧めします。深く掘り下げず網羅的に記載されているため、結果無価値論の初学者には、定評のある基本書です。

『刑法 山口厚 有斐閣』

◆大学の法学部レベル

司法試験・予備試験の合格レベルとしても問題ないスペックの基本書ですが、より難解な理論を学習したいかたは、下記の『刑法総論 山口厚 有斐閣』をお勧めします。非常にわかりやすく代表的見解として紹介されることも多いため、少数説をとる部分が少ない。行為無価値論・結果無価値論とは関係なく広く使用されている基本書の一つです。

『刑法総論 西田典之 法律学講座双書』・ 『刑法各論 西田典之 法律学講座双書』

◆司法試験・予備試験レベル

司法試験・予備試験の合格レベルとして申し分ないスペックの基本書です。ですが、初学者には非常に難解であるため、あらかじめ上記の基本書で学んだうえでの購入をお勧めします。特に総論にいたっては、基礎の部分が省いてあり網羅的な学習としては薄いです。

『刑法総論 山口厚 有斐閣』 ・ 『刑法各論 山口厚 有斐閣』

参考資料

◆判例集

司法試験・予備試験・弁理士試験・裁判所1種・2種などの試験勉強の場合には、百選も読む必要があります。

◆ケースブック

論述対策としてケースブックは、とても有効です。判例の事例にそくしたケースも収められているため、参考資料としてお勧めします。法科大学院でも使用されている大学は多いと思われます。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA