ルーン文字の意味 ~ルーン占いのやり方~

スポンサーリンク

自分で占いをやってみましょう。ルーン文字の意味を知れば、自分でルーン占いをすることができます。日本では、まだ数少ないルーン占いは、古代文字であり、北欧神話の神の文字でもあるルーン文字を使用します。神秘的で奥深いルーンの世界を見ていきましょう。

ルーン占いの基本

ルーン占いの文字には、24文字とブランク(白紙)の25個で占います。ルーン文字は、タロットカードのように正位置と逆位置が存在する文字と、正位置のみの文字の2種類があります。

正位置と逆位置の両方がある文字は、それぞれ解釈が異なります。石や木片、正方形のカードの場合には、横向きや斜めなどの場合もあります。

自分でルーン占いを行う場合には、ルーン文字の上が左方向を向いているときは正位置、ルーン文字の上が右方向を向いているときは逆位置など最初に決めておきましょう。

ルーン占いのおすすめの本

すぐに占いができるように、ルーンカードがついている書籍を紹介しておきます。占術方法や解釈の方法などもしっかりと解説してありますので、おすすめです。

ルーン文字の意味と解釈

ルーン文字の意味を解説していきます。

ルーン文字フェオ フェオ 

家畜、財産、富、豊かさ、発展、成長

フェオのルーン文字は、家畜を意味します。むかしむかし、家畜は財産そのものでした。そして、家畜は餌を与え、運動をさせ、家畜小屋を清掃し、育てることで財を生みます。そうやって、未来へ成長し発展していくという意味をもちます。このカードが出たからといって宝くじが当たるとかではありません。

フェオの逆位置が出ると、経済的な損失を受けたり、打算的な考えになっていたり、保守的になりすぎて失敗したりするという解釈になります。地道に努力することが開運のカギとなるでしょう。

ルーン文字ウル ウル 

野生の牛、野生のパワー、行動力、勢い、勇気、本能、勝利

ウルのルーン文字は、ヨーロッパのオーロックという牛のことをいいます。力強くたくましい様子から、行動力や勢いなどを意味します。ここから、自信やチャンス、また大変な事態がおこっても乗り越えるのような解釈をしていきます。

逆位置になると、安易にとらえすぎて失敗したり、無謀が行動がすぎて失敗するなどの解釈になります。また、勇気がなくチャンスを逃すことも、開運のカギとしては、無謀な行動をしないこと、何事も慎重にゆっくりと行うことなどを心がけるとよいでしょう。

ルーン文字ソーン ソーン 

巨人、悪魔、トゲ、試練、忍耐、苦痛、無謀な行動、プライド、執着心

ソーンのルーン文字は、苦痛や試練から逃れるために、無謀な行動に出たり、無用な執着心・プライドで凝り固まる様子を表しています。ソーンのルーン文字が出たときは、柔軟性や冷静さを意識し、今は前に進むことよりも足元を固めることをしてみましょうという解釈ができます。

逆位置になると、裏切り、損害、精神的・物質的損失などの解釈になります。集中しすぎて配慮に欠け、いらいらとして人間関係に悪影響を与えたりしていましますので、やはり柔軟性と冷静さを意識しましょう。

ルーン文字のアンスールアンスール

神オーディン、知恵、知識、知性、口、言葉、会話、情報、保護、神秘

アンスールのルーン文字は、北欧神話のオーディーンを表します。アンスールがでたら、神秘的な直感が働いたり、必要な情報、良質の知識、あるいはメッセージが入ってくるという意味になります。コミュニケーションがうまく取れる、話が盛り上がる、交渉事がスムーズにいくなどの解釈ができます。電話やメールもそうですが、外に出て直接対話によっても得られるもので、積極的に外出をするとよいでしょう。

逆位置になると、入ってくる知識や情報に虚偽のものが含まれているかもしれません、確認ミスや、効率の悪い話し合い、嘘のうわさで疑いをもつなど、情報や知識による悪い影響を受けるという解釈になります。うわさや、人の言にまどわされないように、しっかりと自分をもちましょう。

ルーン文字のラド ラド 

車輪、旅、旅行、移動、伝達、変化、成長

ラドのルーン文字は、車輪をあらわします。車輪から移動、旅行、手紙を運ぶことから伝達などの意味をもちます。積極的に外に出る、旅行に行くことで物事が好転し良い方向へ変化していくという解釈になります。また、伝達の意味から遠くにいる人と手紙、電話、メールなどをすることで良い方向へすすむという解釈もあります。ラドの逆位置がでると、物事が停滞し、膠着(こうちゃく)状態におちいったり、旅行先でのトラブル、伝達手段のタイムラグなどによるトラブルを意味します。落ち着いて、状況の確認をしてみましょう。

ルーン文字のケン ケン 

たいまつ、炎、情熱、熱心、活力、力強さ、明るさ、はじめる

ケンのルーン文字は、たいまつを意味することから、炎の象徴のルーンです。たいまつを燃やし、敵を威嚇したり、または冒険に出たり、猛獣から身を守ったりという様子から生まれた意味を解釈していきます。道に迷っていれば、希望の光がみえてくるでしょうし、目標を持っていれば活力いっぱいに進んでいけるでしょう。

逆位置になると、情熱がさめてくる、物事が進展しないなど何をやってもうまくいかないというような解釈になります。この逆位置が出た場合には、一度やり直すあるいは落ち着いて考えなおしたり、リセットするとよいでしょう。

ルーン文字のギューフ ギューフ 

ギフト、贈り物、祝福、愛情、友情、才能、人間関係

ギューフのルーン文字は正位置のみです。ギューフは、ギフト(贈り物)の意味を持ち、人からもそうですが、天からの贈り物という意味でもあります。天からの祝福であったり、とてもおだやかで満ち足りた状態であることを意味します。受け取った贈り物の分、他者にも贈り物をするとさらに良い運気を呼び込めるでしょう。

ルーン文字のウイン ウイン 

喜び、幸せ、栄光、成就、潜在能力

ウィンのルーン文字は、喜びのルーンで栄光の意味も持ちます。周囲からの称賛を受けるような成功、栄光などの解釈をします。また、思い描いたとおりの未来が現実となるでしょう。

ウィンが逆位置になると、失望感を感じたり、物事がうまくいかなくなる解釈となります。計画の見直しや目的・目標の立て直しが必要になってくるでしょう。

ルーン文字のハガル ハガル 

ヒョウ、障害、事故、アクシデント、沈黙、中止

ハガルのルーン文字は、雹(ひょう)のルーンで正位置のみです。雹(ひょう)が降ることなどあまりありませんが、もし降ったとしたら甚大な被害がでます。そこから、予測不可能な事態、災い、事故、病気などの解釈が導かれます。また、予測不可能な点から人の力の及ばない領域のできごと、例えば、子供ができる、ひとめぼれ、予期せぬ人事異動などの解釈もできます。ハガルが出たからと言って、すべてが悪い状況とはいえません。

ルーン文字のニイド ニイド 

必要性、停滞、忍耐、不満、不運、慎重

現在の英語のneedは、欠乏や束縛を意味するこのニイドのルーン文字が語源と言われています。目標や目的はあるのにうまくいきません。しかし、正位置の場合には、我慢と忍耐、辛抱強く待つことで必ず光は見えてくるという解釈をします。

ニイドが逆位置になると、この我慢や忍耐、慎重さが失われてしまいます。人の意見を聞けなくなり、間違った方向へ進む可能性があるという解釈になります。ですので、気分転換や他のことをやってみる、あるいは自分の悪い点を見つめなおすなどしてみてください。

ルーン文字のイス イス 

氷、争い、戦い、権力、保留、停滞、停止

イスのルーン文字は、氷のルーンで正位置のみです。物事が凍結して動きがない状況ですので、無理に動かさないことが重要という解釈をしていきます。また、争いや戦いの意味も持ちますので、穏便に事を進めるためには、状況を静かに見極めいまは動かないことが解決へ導かれることになるでしょう。氷は、溶けるものです。必ず状況は変化しますので、イスのルーンが出たらじっくり考える、じっくり待つのが大切です。

ルーン文字のヤラ ヤラ 

一年、収穫

ヤラのルーン文字は、収穫のルーンで正位置のみです。意味は一年とありますが、この一年の中でも収穫の時期を意味します。ここから、一年間の努力が実り成果を得られるという解釈をします。また、始まりと終わりを意味しますので、何か新しいことを始めるとよい時期でもあります。地道に努力してきた成果ですので、これまで努力が足りなかったなと思うときは、このルーンを見たときから長期の計画を立てて進めていくと来年には成果を得られます。

ルーン文字のユル ユル 

ユルの詳細とおまじないのページ

イチイの木、生と死、変化、制限、終止符

ルーン文字は、イチイの木を意味し正位置のみのルーンですが、イチイの木はその特性から弓をつくる木材として利用されていたそうです。また、イチイの木は古代より神聖な樹木としてまつられ、復活の木とも呼ばれることから生と死、変化などの意味も持ちます。お仕事なら転職を考えたり、恋愛なら今のおつきあいが終わり新しい出会いがあったり、過去の恋の復活であったり、何か変化のおこる時期です。うまくいかないことがあるのならば、変化をもとめましょう。

ルーン文字のペオース ペオース 

ダイスカップ、偶然、突然、予想外、チャンス、ギャンブル

ペオースのルーン文字は、研究者の間では謎のルーン文字ですが、ダイスカップのルーンです。ダイスカップとは、ギャンブルでサイコロをいれるカップのことですが、そこから、偶然やチャンス、ギャンブルなどの意味を持ちます。チャンスをつかめる、突如に状況が好転する、予想外に良い結果が得られるなどの解釈になります。

逆位置になると、チャンスを生かせない、アクシデントがおこる、隠し事が表に出てしまうなどの解釈になります。悪い隠し事があるひとは、あらかじめ謝っておきましょう。あるいは、計画をみなおしたり、人間関係であれば、関係性を見つめなおしたりしてみましょう。

ルーン文字のエオロー エオロー 

ヘラジカ、大鹿、保護、防御、友情、魔よけ

エオローのルーン文字は、大鹿やヘラジカという面から保護や防衛を意味します。悪いものから守られる、危険から守られる、嫌なものから逃れられる、嫌な人との縁が切れるなどの解釈になります。また、大鹿が集団で行動することから、友情や援助、協力などの解釈ができます。

エオローが逆位置になると、無防備で危険な状態、詐欺にあったり、失敗したり、友人に振り回されたりというネガティブな解釈になります。慎重に周囲との関係を分析し判断しましょう。

ルーン文字のシゲル シゲル 

太陽、生命力、活力、健康、幸運、人気、名声

シゲルのルーン文字は、太陽のルーンで正位置のみです。太陽は、古代より神聖なもの、膨大なエネルギーをもっています。そこから、生命力や活力の意味を持ち、そのエネルギッシュな行動から夢や希望の実現できるという解釈になります。また、活力ややる気がおきない場合には、外に出て太陽の光をあびましょう。ただ、オーバーパワーになり空回りする可能性もあるので、その場合にはリラックスして、肩の力をぬきましょう。

ルーン文字のティール ティール 

戦いの神、戦い、競争、勝利、勇気、正義、積極性

ティールのルーン文字は、戦いの神であり、火曜日(Tuesday)の語源でもあります。戦いの神ですから、勇敢な心、勇気、勝負強さなど精神的な強さを意味します。そこから、目標に向かって強い意志をもって進むと勝利はつかめるという解釈をしていきます。お仕事も引き下がらず、困難でも進んでいくと道が開ける、恋愛も積極的アプローチがよいなどの解釈となります。

ティールが逆位置になると、熱意が冷める、エネルギーが不足するなど、気が散り惑わされミスをおかすなどの解釈となります。そのような場合には、気分転換や休息が必要なときです、再度チャレンジをしなおすなどいまは、少しパワーチャージをしましょう。

ルーン文字のベオーク ベオーク 

白樺の木、母性、温かさ、家庭、浄化、再生、誕生

ベオークのルーン文字は、白樺の木を意味しますが、古代ケルトにおいて白樺の森林はとても神聖な場所でした。悪いものを撃退し、鳥や動物、植物など生命を生み育てる。そこから、穏やかな母性の愛情の意味がきます。ゆっくりですが穏やかに良い方向へ物事がすすむ、家庭でうれしい出来事がある、子供の誕生や、家庭内でもトラブルの解消というような解釈をしていきます。お仕事でも、部下が育つや上下関係でよい方向へ進む、あるいは新しい企画や計画、契約などがゆるやかに良い方向へ進むという感じです。

ベオークが逆位置になると、家庭内でのトラブル、お仕事の計画がうまくいかなくなったり、恋人とのもめ事などがおきます。この場合、自分自身の甘えが原因の場合がおおく、気を引き締めて物事に取り組む必要があります。

ルーン文字のエオー エオー 

馬、移動、友情、団結、援助、変化、忍耐

エオーのルーン文字は、馬(駿馬)をあらわします。馬は移動の手段であり、馬との絆が深まればすばやく移動が可能であり、とても大切にされていた財産でもありました。そこから、転居、転職をあらわすとともに、周りとの団結や協力という意味が導かれます。独りよがりにならず、周りと協力することで良い方向へ物事が進みます。また、困ったことがあっても相談に乗ってくれる人が現れるという解釈ができます。

エオーが逆位置になると、間違った方向へ進む、間違った選択をしてしまう、あるいは、おもわぬ方向転換に惑わされるなどの解釈になります。このような場合には、焦りがさらに悪影響を及ぼします。ですので、ゆっくり落ち着いて、考えをまとめたり、誰かに相談することをおすすめます。

ルーン文字のマン マン 

人間、自己、自我、意識、協力関係、協調、助け合い

マンのルーン文字は、人を象徴しており英語のMan(人間)の語源とも言われています。人の意見を取り入れること、周りの人と目標を一つに協力し合うこと、チームワークを意識して自分の役割を認識することで思い通りの結果が得られるという解釈をします。

マンが逆位置になると、孤立し自分の考えに固執するという解釈となります。他人の意見を取り入れ、柔軟性をもつよう意識しましょう。

ルーン文字のラーグ ラーグ 

水、想像力、状況の変化、感情、意識、女性、才能、芸術

ラーグのルーン文字は、水のルーンです。水から女性の身体の中の羊水を意味し、妊娠もラーグが意味します。また、水の流動性から、移り変わりや形のない感情、意識、状況の変化という意味も持ちます。そのような意味から、内面の意識に変化が起こり良い方向へ物事が進む、才能が開花する、イマジネーション、想像力の豊かさなどに恵まれるなどの解釈をします。

ラーグが逆位置になると、流れが悪くなる、周りの意見に流され迷いが生じる、決めなくてはならないことを決められないなどの解釈になります。ラーグの逆位置がでたときは、大切な判断は後日に回して今は選択を避けましょう。

ルーン文字のイング イング 

豊穣(ほうじょう)の神、豊かさ、達成、成功、満足感、種

イングのルーン文字は、北欧神話のフレイに関連していると言われるルーンで正位置のみです。フレイは、気候をコントロールして大地に実りを、人間に富を与える豊穣(ほうじょう)の神です。そこから、豊かさや成功、達成という意味があります。仕事なら計画や企画が成功し、人脈を得られ仕事の幅が広がることで成果を得られるという解釈をします。また、慢心せず現状を謙虚に受け止めるようにという暗示でもあります。

ルーン文字のオセル オセル 

伝記、故郷、遺産、伝統、先祖、遺伝、規則、常識

オセルのルーン文字は、世襲される財産を表すルーンです。フェオが家畜などの動産の財をあらわすなら、オセルは不動産をあらわします。相続による財産や、伝統、年長者からの助言や援助なども意味します。古い友人、年長者を敬うことで、成功や知恵、知識を得られるでしょう。伝統や古い物を大切にすることで、富や成功がもたらせるでしょう。

オセルが逆位置になると、古い考えに固執してしまったり、逆に革新的過ぎて周りに意見を取り入れられない、などの解釈になります。新旧のバランスをとり、他人の意見をよく聞くようにしましょう。

ルーン文字のダエグ ダエグ 

1日、終わりと始まり、節目、成長、着実、幸福

ダエグのルーン文字は、暗闇から日が昇り、そして沈んでいく穏やかな一日の太陽をあらわし、正位置のみのルーンです。そのことから、物事の終わりと始まり、現状がどんなに大変でも必ず陽はまた昇るという幸福や成長の意味を持ちます。ゆっくりと着実に成長している、大変な状況があったとしても必ず良い方向へ向かうという解釈になります。また、今までのことが完成して終わり、新しいことにチャレンジするという解釈もあります。

 ウイルド 

運命、宿命、未知、転換

ウイルドは、ブランクルーン(空白のルーン)で正位置のみです。ウイルドは、もともとゲルマン民族がルーン文字を使っていた時にはなかったものです。ですので、ウイルドを使わない占い師もいますので、自分で占うときは使わなくても良いでしょう。ブランクルーンとも言われるウイルドは、自分の力だけではどうにもならない状況、人知の及ばない状況をあらわします。現在起こっていることは、運命的・宿命的なことだという解釈ができます。また、未知のことへの挑戦、転換期というような解釈もできます。すべてを受け止め身を任せましょう。

パワーストーンで占う

占いたい項目ごとにパワーストーンを変えてみるのも良いでしょう

  • 例えば、恋愛を占いときにはローズクォーツ
  • 全体運を占うならラピスラズリ
  • 健康運などを占うなら アベンチュリン

最後に

ルーン占いは、以上の意味と現状とを踏まえてリーディングしていきます。また、ルーン文字そのものはお守りにもなります。意味をリーディングしたうえで、望む状況の意味を持つルーン文字を携帯の待ち受けなどに使うと良いでしょう。いかかでしたでしょうか、各ルーン文字のを詳細ページもご参考にしてください。

タイトルとURLをコピーしました